心肺蘇生法
救命処置の年齢別比較
年齢
救命処置
成人(8歳以上) 小児(1〜8歳未満) 乳児(12ヶ月未満)
通報 反応がなければ
大声で助けを呼ぶ
救助者が一人だけの場合、
先に2分間の心肺蘇生法を実施
119通報とAEDの手配 119番通報
気道の確保 頭部後屈あご先上法
心肺蘇生法の開始 正常な呼吸(普段どおりの息をしていない)
人口呼吸
(省略可能)
約1秒かけて2回吹き込む・胸の上がりが見えるまで
口対口 口対口鼻
胸骨圧迫 圧迫の位置 胸の真ん中
(両乳頭を結ぶ線の真ん中)
左右の乳頭を結ぶ線
の少し足側
圧迫の方法 両手(指を組む)で 両手(指を組む)
または、片手で
2本指で
(中指と薬指)
圧迫の深さ 4〜5cm程度 胸の厚みの1/3
圧迫のテンポ 1分間に約100回
胸骨圧迫と
人工呼吸の比
30 : 2
AED 装着のタイミング 到着次第 AEDは使用しない
電極パッド 成人用パッド 小児用パッド
(やむをえない場合は
成人用パッド)
電気ショック
後の対応
ただちに心肺蘇生法を再開(5サイクル2分間)
気道異物 反応あり 腹部突き上げ法
背部叩打法
背部叩打法
(片腕の上でうつぶせ)
反応なし 通常の心肺蘇生法の手順