こんなときどうする

応急手当・・・「日射病・熱射病」


日射病・熱射病
 日射病は気温の高い時、直射日光に長時間さらされた場合に起こります。日射病の症状は、顔が青白くなり気分が悪くなります。
 熱射病は高温の室内で長時間労働した時や、野外駐車で密閉した車内に幼児などを寝かせたまま放置したときなどに起こります。熱射病の症状は顔面が紅潮し、高熱、頭痛、動悸、呼吸促進があり、吐き気を訴え、あくびを連発しそのうち意識を失って倒れます。このとき体温は39〜40度に上昇しています。
○手当のしかた
1 涼しいところに移して体温を下げる。
2 風通しがよく涼しい場所に患者を運び、体をしめつけているベルトなどをゆるめ上着を脱がせて寝かせます。できれば冷たい水に濡らしたタオルや布を当てて全身を冷やします。
3 体温が下がり、意識が戻ったら冷たい水を飲ませます。発汗が多いときは薄い食塩水かスポーツドリンクを飲ませてください。
4 日射病・熱射病ともに、至急医師の診察をうけることが大切です。



| BACK |