こんなときどうする

応急手当・・・「熱性けいれん」


熱性けいれん(ひきつけ)
熱性けいれんは、通常38度以上の発熱に伴って、生後6ヶ月から5,6歳までに起こり、普通5,6分で心配の少ないものです。けいれんが起こったら次のことに注意し、医療機関で受診してください。
1 まず、保護者が落ち着く。
2 衣類、特に首のまわりをゆるめてあげる。
3 けいれん中は何もしないで様子を見る。
舌を噛むかもしれないと口の中に箸やタオルなどを口の中に入れない。逆に呼吸がしにくくなります。
4 吐きそうなときは、顔を横向にしてあげる。
5 けいれんのしかた、時間を見ておいてください。医療機関における正しい診断と処置に役立ちます。


| BACK |